ゆとりーなの日記

日記的な事を書いて行くと思はれる

C91國民服?本の宣傳

f:id:nagoya313:20161209223012j:plain
全?文?正字正かな、總ルビ字音?假名遣?ひの本の原稿がなんとか間に合つたので、このまま何も無ければC91の3日目、東W10bにて「平?成?國民服?」を頒?布できさうである。
當初コピー本の豫定であつたが結局フルカラー印刷で印刷所?に出すことになつた爲(上の畫像はコピー本での試し刷)、値段が內地價格45錢、外地價格600圓へと値上げとなつた。猶?、內地價格は大日本時代の貨?幣?で拂ふ場合の値段のことであり、例ば日本國の現行アルミ1圓硬?貨?を出して55錢のお釣りがくる訣ではない。當然乍ら戰後の日本政府が發行した貨?幣?を使?ふ場合は外地價格が適?用される。逆?に云へば大日本の1圓金貨?乃至銀貨?で拂つた場合は55錢のお釣りとなるのでそちらは寧?ろ歡迎?である。
少册の主眼がどこにあるかと云へば、やはり正字正かな本と云ふことである。手持ちのパソコンで追?加ソフトの購入なしに全?文?正字正かな、總ルビ字音?假名遣?ひの本が偶々造?れる狀況にあつたので、折角だからやつてみようと云ふことで始つた企畫である。正かなに關しては戰前?再現よりも現行の最新硏究重視?の爲、許容假名遣?ひの類?は一切使?つてゐない。正字に就いてはデザインの差等でAJ1-6の範圍?で戰前?の本によくある字形に似せられるものがあればそれを優先的に採?用した。字音?假名遣?ひに就いては未だ搖れが多いので、戰前?からの假名遣?ひを優先した。猶?、最後に關しては慣れてゐない爲かなり不備があるかもしれない。(今更?だが、帽?子や推奬のルビをどうするかも迷?つてゐる。現行の原稿だと前者?が戰前?寄りで「ばうし」、後者?が現行硏究寄りで「すいしやう」になつてゐたのに氣附いたがこれはどうしたものか。これらに關してはほぼ「ぼうし」「すいしやう」で確定な氣もするので今更?戰前?寄りで書くのもどうかと思はないこともない。元はと云へばこれは「ぐゑん」やら「こむ」のやうな假名遣?ひを採?用するかしないかとした時にひとまづ採?用しない爲に決めた側面が强い。)
本の雰?圍?氣もできるだけ戰前?らしさを出した心算である。文?體やらをいきなりらしくするのは難?しいが、取敢ず氣輕に眞?似できるところは眞?似してみた。總ルビと云ふのもそれで、あの時代の本は總べての漢?字にルビが振られてゐるものも多い。
f:id:nagoya313:20161213002825p:plainf:id:nagoya313:20161213002914p:plain
f:id:nagoya313:20161213004000p:plainf:id:nagoya313:20161213004051p:plain
f:id:nagoya313:20161213005418p:plain
基本的には1文?字に對して上詰めでルビを振つてゐるが、熟語の場合は詰めて綺麗に收める場合や、下の平?假名に半?分?かぶる場合もある。流石に詰め込?むのに無理がある時は字の間隔?を開けても1文?字に當ててゐる。總ルビ本に於ても漢?數字はルビがないことが多く、この邊りは手許にあつた昭和10年代の本を參照してゐる。
あとは檢印紙も今回は造?つてみたのでこれに印鑑を押して會場でペタペタ貼る作業が殘つてゐる。
f:id:nagoya313:20161213004219p:plain
さて、表記の時代にも合ふと云ふことで內容は國民服?である。氣附いたら結構?な數の國民服?が集つてゐたので、バリエーション等も含めて紹介してみることにした。畫像は總べて撮り下ろしなのでどこかから借りてきた畫像は今回はない。當初はパブリックドメインとなつてゐるやうなので、勅令の圖も載せる豫定だつたが、誌面の都?合上見送?つた。
f:id:nagoya313:20161213005637p:plainf:id:nagoya313:20161213005550p:plain
實物や一次?資?料を參照しての紹介もそれなりに書いてはゐるが、基本はゆとり國から本を出したと云ふネタでの設定であり、正字正かなで本を出したかつたと云ふのが一番の動機?で作られた本なので、ターゲットがどこなのかが非常に分?りづらい本となつてゐる。こんな本ではあるが、もしお手に取つて頂けたら幸ひである。