読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりーなの日記

日記的な事を書いて行くと思はれる

國民服󠄁の同人誌

冬󠄀コミの當落通󠄁知が愈々近󠄁附いて來たとの事なので、當選󠄁すれば出す豫定の國民服󠄁本の仕樣をどうするかを考へてゐたら色々と惱ましい事態になつた。
正字正かなでIVSを驅使󠄁した所󠄁謂康熙字典體使󠄁用、總て昭和18年頃の辭書を參照して字音󠄁假名遣󠄁ひでルビを振る、但し當時主流の許容假名遣󠄁ひは用ゐないと云ふ方針だけは決まつてゐた。內容は國民服󠄁令と實物の紹介と今日に於いて著󠄁裝する場合の話の2つを中心に書かうと思つてゐたが、このロクでもない奧附を作つた邊りから迷󠄁走が始まつた。
f:id:nagoya313:20161027230547p:plain
この奧附は昭和14年に出た大川周󠄀明の「日本二千六百年史󠄁」のものを元にしてゐる(因みに振假名の振る位置等もこの本を參考にしてゐる)。此處を見ると外地の定價と內地の定價が分󠄁れてゐる事に氣附いた。ゆとり國は設定上は日本國と袂を分󠄁かつてゐる事になつてゐるので、これを上手く使󠄁へないかと云ふ事でコミケ頒󠄁布價格として日本等の外地價格を設定したのである。
處がこの設定を採󠄁用すると色々と問題が起󠄁きてくる。ゆとり國では大多數の臣民が國民服󠄁を着てゐる設定になつてゐるので、若し「ゆとり國向けに出てゐる本がコミケに合せて外地日本でも賣られる事になつた」と云ふ設定を採󠄁用すると內容を大分󠄁變へないといけないのである。
例ばよく聞かれる「國民服󠄁は何處で買へるのか」と云ふ情󠄁報を載せるとすると、ゆとり國ではその邊の紳士服󠄁賣場にある事になつてゐるので此處からしてまづ變はつてくる。日本では當然賣つてはゐないのでコミケで賣るなら日本向けの情󠄁報を書いた方が良いのだが、さうすると何故ゆとり國の本なのにターゲットが日本向けになつてゐるのかと云ふ疑問が出てくる。此處丈󠄁であればコミケ用に日本向け增補を足した體にすれば凌げるかもしれないが、他にもネクタイやらシャツ類󠄀の設定もゆとり國と日本國では違󠄂ふ事になつてゐるのでキリがない。
要󠄁するに、ゆとり國の本として出すと情󠄁報乃至評󠄁論の本から架空󠄁の國の創作本に變はつてしまふと云ふ話である。ネタとしては後者󠄁で行きたい處なのだが一應きちんとした情󠄁報本としても纏めておきたい氣もあるので中々配分󠄁が難󠄀しい。