ゆとりーなの日記

日記的な事を書いて行くと思はれる

萬年筆の話

今日はどうやら萬年筆の日らしい。偶々この日に萬年筆のインクの事を考へないといけない機󠄁會があつたので、この偶然を記念してつらつら書いておく。
元々萬年筆を使󠄁ひ始めたのは周󠄀りからの壓力ではあるのだが(舊假名遣󠄁ひら國民服󠄁を前󠄁面に出してゐると、ボールペン等と云つた物を使󠄁つてゐるところを見られると苦情󠄁が來るのである)、實際に使󠄁つて見るとボールペン等に比べて字が綺麗に書ける(氣がする)のでわりとあつさり移行する事ができた。最初はカートリッジ式の物を使󠄁つてゐたのだが、これも懷古的見た目(言はなければ分󠄁らない部分󠄁ではある筈なのだが)を理由に批難󠄀され、最終󠄁的にプランジャー式の物を恩師から幾󠄁つか頂いたので今では專らそれらを使󠄁つてゐる。カートリッジ式に比べて手入れの洗滌等で手間が掛るが、見た目がそれらしければ中身はとことん手を拔く方針である私でも流石にこのくらゐなら許容範圍󠄁である。
さて、今回は契󠄁約書に文󠄁字列を書かないといけないと云ふ機󠄁會があつたのでいつものやうに萬年筆を取り出してはみたのだが、さう云へばインクが水性なのはこの手の物に對してどうなのかとふと思つたので萬年筆と契󠄁約書のインク事情󠄁をgoogle先生に聞く事にした。
取敢ず今迄使󠄁つてゐたPARKERのQUINKは水性染料と云ふタイプで耐水性が低く、案の定契󠄁約書等の用途󠄁には向かないと云ふ事だつた。とは云へ昔はなんでも萬年筆で書かれてゐた印象があるので、それ用のインクもあるのだらうとgoogle先生を問詰めて行くと、水性顏料インクと古典インクと云ふ選󠄁擇肢が出てきた。顏料インクは今時なインクで耐水性は拔群なのだが、中で固まるとわりとどうしやうもないところがありメンテナンスが難しいとの事だつた。一方の古典インクは昔ながらのインクで耐水性はあるのだが、インクが酸性なのでペン先や紙を傷めやすいと云ふ問題があるやうである。環󠄁境等への懸念も見られた。
懷古趣味で云へば古典インク一擇なのであるが、懷古遊󠄁びを一番にしたい訣ではないし、環󠄁境とか言はれると選󠄁擇すべきは顏料インクの方かとも思ふ。また、紙が傷んでしまふのでは耐水性があつても意󠄁味ないではないかと思はない事もない。しかしながら手入れの手間が恐ろしく面倒さうな事等を考へると(今は物理的記述󠄁を殆どしないのでインクを入れてから空󠄁になる迄使󠄁ひ續けると云つた事が抑難󠄀しい)顏料インクの方もいまいち踏み出せないところがある。猶󠄂、古典インクも使󠄁ひ切つた方が良い(放置した後の處置が顏料よりはやや樂程󠄁度の差はあるらしい)みたいなのでこれはどちらにも言へる事ではあるのだが。
これはもう大人しくボールペンで書いておけと云ふ事なのだらうか。