読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりーなの日記

日記的な事を書いて行くと思はれる

戰前󠄁風の組版を作る

前󠄁回戰前󠄁風の漢󠄁字を表示する方法を幾󠄁つか紹介したので、ここでは實際に組版のやうなものをやつてみる。WindowsPCとWordさへあればあとは無料のものだけを使󠄁つてやる。

用意󠄁するもの

正字正かなの文󠄁章を打つならこれがあつた方が良い。後述󠄁する辭書を導󠄁入すれば入力環󠄁境がかなり改善する。

Google日本語入力用正字正かな辭書から正かな用の辭書を導󠄁入する。これさへあれば正かなの文󠄁章を現代仮名遣いのやうにそのまま變換できる。

  • Tフォント

Tフォントプロジェクト What's NewからTフォントをインストールする。かなりの數の所󠄁謂康煕字典體を出力できる。ゴシック、明朝󠄁、楷書のフォントがあるが、組版を行なふ分にはひとまづゴシックと明朝󠄁だけあれば良いだらう。

お題


クリスマスシーズンなので、twitterでも話題になつてゐたこの新聞記事の文󠄁章を文󠄁字起󠄁ししてみる。できるだけ元の文󠄁章に忠實に漢󠄁字の形を選󠄁ぶ。假名遣󠄁ひ、ルビ等も現代表記に直さずに正かな、字音假名遣ひマヽとする。

作業開始

ページレイアウト

まづはWordを開いて白紙の文󠄁書を作る。ページレイアウトの餘白は狹いにして、段組を4段くらゐにしておく。文󠄁字列の方向、印刷の向きは縱にする。これで新聞らしい雰󠄁圍󠄁氣は出る。

入力

取敢ず文󠄁章を全󠄁部そのまゝ打ち込む。Google日本語入力正字正かな辭書があれば、正字(Shift-JISで對應してゐる範圍󠄁)正かなでの文󠄁章がすらすら打てるので大分󠄁作業時間が短縮される。
文󠄁章が打ち終󠄁たらフォントの調󠄁整をする。全󠄁文󠄁のフォントをTMincho-GT01にし、見出しは大きめにする。正かなで入力した影響󠄃で赤い波線が澤山引かれてゐるがそこは氣にしない。
f:id:nagoya313:20151224133428p:plain

漢󠄁字の差替

上の畫像を見れば「教」や「者」、「情」と云つた文󠄁字が違󠄂ふ事がわかる。「教」や「者」に關しては機󠄁種依存文󠄁字があるので「敎」等と出せない事もないのだが、「情」に關してはどうしやうもない。そこでTフォントの出番である。
Tフォントのページの各種資󠄁料タブを開くと「Tフォント(GTセット) グリフ一覧 DOCファイル」と云ふものが配布されてゐる。これを開いて「情」と云ふ文󠄁字を檢索する。何回か檢索すると「情」と云ふ文󠄁字が出てくるので、その周󠄀邊で月󠄁の部分󠄁が円になつてゐる字形を探す。見附かつたらそれをコピペして、文󠄁字のサイズを調󠄁整する。これを總ての差換へるべき文󠄁字に對して行なふ。
以上は一覽が部首、畫數で並べられてゐる事を利用した檢索方法なのだが、新字と正字で畫數が離れてゐたりすると探すのが手間になる。また、部首が違󠄂ふと全󠄁然違󠄂ふ處にある(「冬󠄀など」)のでこちらに關してはまた別の檢索方法を考へないといけない。この部分󠄁の作業に一番時間がかかるので、作業時間を短縮する方法を考へないと長い文󠄁章ではやつてられないとは思ふ。
f:id:nagoya313:20151224133615p:plain

ルビ

ルビはワードの機󠄁能で普通󠄁に打てば良いのだが、漢󠄁字を差し替へたものはフォントが變つてゐるのでそのやうなフォントが入り雜じつた熟語に關しては纏めてルビを入れる事ができない(纏めて入れるとフォントが全󠄁部統一されるので文󠄁字が化󠄁ける)。なので一文󠄁字づつルビを入れていかなければならない。フォントやら字音󠄁假名遣󠄁ひの影響󠄃で元から入つてゐるルビの候補も殆どアテにならない。この作業も地味に面倒である。
f:id:nagoya313:20151224134046p:plain

調󠄁整

上のまゝだと行間が開きすぎなので、ページレイアウトの段落の行間を固定値にする。本文のフォントサイズが10.5pt、ルビサイズが4pt、オフセットが0ptの場合、この固定値を22pt程󠄁度にすれば丁度良い鹽梅󠄀になる。以下調󠄁整した全󠄁文󠄁がこちら。
f:id:nagoya313:20151224135940p:plain
一段に入れる文󠄁字の數等も調󠄁整してあるが、この邊りはお好みで良いだらう。折角だから元記事通󠄁りの文󠄁字配置にしたかつたのだが、そこは殘念ながらうまく行かなかつた。

このやうに手間さへかければ有料フォントを使󠄁はずとも戰前󠄁風の組版は組まうと思へば組む事ができる。