ゆとりーなの日記

日記的な事を書いて行くと思はれる

和服󠄁とチェックシャツ

 私は洋服󠄁と云へばチェックシャツ許り着てゐた。チェックシャツと云ふ服󠄁は私の中ですでに完成󠄁されてゐたので、別段新たな要󠄁素を取入れるとか氣分󠄁を變へて別の服にする、みたいな發想になる事はほゞなかつた。さう云ふ訣で似たやうなチェックシャツ2枚を廻󠄀して每日着てゐたのでつひには「君は每日同じ服󠄁を着てゐるね」と言はれる羽目になつた。しかしそんな事を言はれてもどうしやうもない。そこからいつその事國民服󠄁、人民服󠄁を着ようと云ふ發想に繫がるのだが、今回は和服󠄁の話なのでそれは置いておく。重要󠄁なのは私の服󠄁に對するスタンスはかう云ふものだと云ふ事である。
 さて、一方で歐米に對する屈折した感情󠄁もあつたので洋服󠄁を捨󠄁て去つて和服󠄁を着てみたいと云ふ思ひも常にあつた。そこで楽天で和服󠄁セットなる物を買つて着てみたのだがこれが意󠄁外にしつくりこない。色々繪面を調󠄁べてみたらどうも私がやりたかつたのは、書生や金田一耕󠄁助的な服󠄁裝だつた事に氣附く。要󠄁は襦袢がしつくり來なかつたと云ふ事である。この邊りでどう云ふ和服󠄁像を目指して行くかが大體固まつた。
 續いて問題になつたのが和服󠄁の本邦󠄂に於る地位である。ネットで輕く調󠄁べると若い男性が和服󠄁を着て外出すると笑はれると云ふ現象が起󠄁きる事が分󠄁る。これは忌々しき事態なので當初の私も現代に調󠄁和した笑はれずに濟む新しい和服󠄁の形なるものを摸索してはゐた。その中で得たのが襦袢の代はりにタートルネックヒートテックを着る事である。しかしこれは別に自分のアイデアでもなんでもなくて、太宰治の和服󠄁の寫眞󠄀の中でそれらしき繪面の物を見つけた丈󠄁である。先人が似たやうな雰󠄁圍󠄁氣の着こなしをやつてをり、それが私の中でしつくりきたのでそれをなぞつたに過󠄁ぎない。
 結局は既󠄀にある着こなしが私の着るスタイルとして完成した。書生スタイルや金田一ルック、襦袢の代はりのタートルネックなど、これらからはみ出た物は基本やらない。和服󠄁におけるチェックシャツが完成󠄁したのである。新しい挑戰みたいな事はもうやる事もないだらう。しかしそれも當然で、洋服󠄁でチェックシャツを着廻󠄀してゐたやうな人間が急󠄁に和服󠄁になつて變る訣ないだけの話である。
 現代との調󠄁和や新しいものを取り入れた着こなしをして和服󠄁界を活性化󠄁する、みたいな運󠄁動はさう云ふファッションセンスがある人に任せておけば良いのだ。チェックシャツ組は自分󠄁の氣に入つた和服󠄁のスタイルをただ只管繰り替へしてゐるだけでも別に罰は當るまい。