読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりーなの日記

日記的な事を書いて行くと思はれる

VisualC++2013の警吿

確か以前󠄁のバージョンにはなかつたと思ふのだが、VisualC++2013には「警吿を全󠄁て有効にする(/Wall)」と云ふオプションがあつた。これを使󠄁ふと-Wallとしても全󠄁然出さない警吿があるgccとかと違󠄂つてMSVCは全󠄁力で警吿を出してくるらしい。しかしいざこれにしてみると標準ヘッダにも物凄い勢ひで警吿を出してくる。pragmaで警吿はある程󠄁度抑制できる筈なのだが、

// pushとpopの間の警吿レベルを3にする
#pragma warning(push, 3)
#include <...
#pragma warning(pop)

は/Wallには全󠄁く效果を示さなかつたし、

// pushとpopの間でdisableにした警吿番號の警吿を無效にする
#pragma warning(push)
#pragma warning(disable: 4513)
#include <...
#pragma warning(pop)

も一部の警吿ではソース全󠄁部を括らないと消󠄁す事ができなかつた(ヘッダを括るだけでは駄目)ので、そこまでするくらゐなら普通󠄁に警吿レベル4(/W4)で良いのかなと云ふ氣がする。MSDNにも「/Wallは通󠄁常は氣にしなくてよい警吿類󠄀を有效にする」との說明があるしきつと大丈󠄁夫だらう。