ゆとりーなの日記

日記的な事を書いて行くと思はれる

「理系學生・オタクはみんなチェックシャツだよね」と煽られる位なら本物の國民服を着よう

はじめに竝べる御託

この國にも戰時體制期は自由に服裝を選ぶ事が出來なかつたらしいですね。國民服を着ないで少しでも派手だつたりすると官權に注意されたり、御近所から白い目で見られる樣な時代があつたのです。私は當時を生きた訣ではないので想像しか出來ないのですけど、國民服令なんてのがありましたし、さうなると官權は注意せざるをえないだらうし、市民も市民で誰かが派手だとみんなと違ふ系の意識やらあいつだけ御洒落でズルイ系の意識が働いてさう云ふ時代が作られてゐたのだらうなと想像出來る訣ですね。
さて、現代ですがその頃に比べたら服裝は自由に選べる樣になりましたし、隨分と派手・御洒落になりました。しかし果たしてそんなに自由なのでせうか。毎日同じ樣なチェック柄を着てゐると、意味深に「毎日同じ服ですね」と言はれる事がありますし、「或る群の服裝被りまくり」なんてのがネタとして上つて來たりもします。在る意味でダサくなく御洒落且つ個性的でありなほ餘り突出してないと云ふ難しい事が求められてゐると考へる事も出來るのです。詰り自由に御洒落出來なかつた時代から御洒落に氣を使はないといけない時代になつてゐる訣です。又、服裝の基準は流行のファッション誌や藝能人、日常絡む集團に左右されてゐる樣な面もあつて、自分で決める事も實は出來てゐないのではないかとも思へます。それこそ流派みたいな基準が澤山在るせいで見え難くなつてゐるかもしれませんが、敢て亂暴な言ひ方をすると案外服裝は統制されてゐる樣なものなんですね。
そこでもう開き直つて國民服を着ようぢやないかと云ふ話に繋がる訣です。國民服の樣なダサイ物好きな奴ゐるのか?みたいな事を言はれる方もゐますが、或る時代に於て國民服として制定されてゐるのです。流石にみんながダサイと思つてゐたらその時點で制定されないでせう。或る程度はデザイン的に肯定する層がゐても全くをかしくありません(勿論戰爭のイメージがどうしても出て來て...つて方がゐるのもそれは時代背景故仕方のない事です。)。そして何よりも毎日日常着として着る前提で設計されてゐるので、毎日着てゐても全く問題ありません。これで日々ファッションを考へる手間が全て消えました。この服裝が或る程度自由に選べる時代に、敢て選べなかつた時代の服を選ぶ事で、謎の解放感を得る事が出來るのです。
そんな訣で此處迄色々ゴタゴタ竝べて來ましたが何が言ひたかつたかと云ひますと、「日々の普段着のファッションに疲れてもう考へたくない人は敢て國民服を選ぶと云ふのも1つの選擇肢ですよ!」つて云ふ唯の宣傳でした。

着てみる

さて、實際に現代人が國民服を着るとどうなるか氣になる人も屹度ゐるでせうから、私が試しに着てみた畫像を輕く載せておきます。鏡を寫してるので反轉してゐるの丈注意です

人民服

いきなり國民服ではなくて人民服ですが、國民服よりも手に入り易いので人民服を着るのも選擇肢の1つです。人民服も日本の學生服がモデルになつてたりするみたいですし、全く日本と關係ないと云ふ訣ではない事ですし。

最初の黒い人民服は、横濱中華街の天宝堂と云ふ所で買ひました。大體7000〜8000圓位でしたね。これは裏地がついてゐないので、暖かい時期に御薦めです。後、ネット通販でも買へるみたいなので一番入手し易い感はあります。唯、業者が生地が餘ると氣紛れに作る商品と云ふ話なので、今出てるのがなくなるとどうなるか分らないらしいです。あと、ホックがややつけづらいです。

次も黒ですが、此方は同じく横濱中華街の大一貿易で買つた人民服です。大體5000圓位だつたと思ひます。こちらは裏地が付いてゐるので寒くなつてからが出番ですね。此方は本家中國では殆ど作られなくなつたので、敢て專用の工場を作つて日本向け?に卸してゐるらしいです。あと、ホック難易度が高いです。

人民服の最後はグレーです。これはヤフオクで3000圓程で落札ました。裏地あるので同じく寒い時期がお主ですね。此方は上海の骨董市で入手したものらしいので唯一の中古ですが上2着が或る意味レプリカ感があるのに對して此方は本物感がありますね。あと、ホックがつけやすいです。

國民服


では愈々國民服です。twitterで個人取引?で買ひました。8000圓程でした。此方は甲型の冬用で結構しつかりとした作りになつてゐて結構重量感があります。因みにもろ國防色なんで、人民服に比べると矢張り普段着にする難易度が格段に上がつてしまひます。

まあ大體こんな感じになるのでみんなで國民服生活を送りませう!(因みに人民服で歩いてゐて、未だ知人に何を着てゐるのか氣附かれた事はありません)