ゆとりーなの日記

日記的な事を書いて行くと思はれる

C言語よりJavaの方がもっと嫌いです

今年からJavaの授業が始まってるので、アンチJava勢としてはストレス倍増効果が絶賛爆発中です。
以下不満列挙です。

Eclipseとかだるい

しょっぱな講義で統合開発環境の偉大さを聞かされました。まぁ確かに端末系エディタが個人的に好きではないので、端末エディタを信奉しないめずらしい教授もいるもんだなとか思ってたんですが、正直課題程度の小規模なものだと統合開発環境立ち上げる方がだるいです。まぁこれに関してはそのうち統合開発環境のありがたさを享受出来る巨大プロジェクトも出てくるのかもしれないのであれですね。あと、コード補完はありがたいのもあったり迷惑なのもあったりとまぁ微妙なところですね。

講義内容が時々引っかかる

Javaインスタンス変数に相当するものがC言語にはない」って説明がどうも引っかかるんですよね。まぁJavaインスタンス変数はC言語グローバル変数とは違うってのはそうなんですが、C言語にこれに相当するものはないからC言語に当てはめて考えようとするのはやめましょうって説明はどうも気になるんです。私の認識としてはC言語の構造体のメンバが割りとJavaインスタンス変数に近いものだと思ってるんですがJava専門家からすると「ちげーよそんなもんと一緒にすんじゃねー」よなのかもしれないのでこのへんはつっこみ待ちということにしておきましょう。

講義中のC言語disりがイラっとくる

教授が時々C言語をdisるのがイラっとくるんですね。まぁ確かに共感できる部分もあるんですが、Javaが安全性を売りにして速度を犠牲にした要素に対して「JavaはすばらしいがC言語はクソだ」と言われると腹立つんですよね。逆に言えばJavaとかまともなポインタがないから黒魔術的なものが殆どまともに出来ないじゃないですか。Javaの正義とC言語の正義は違うんですよというわけですよ。