ゆとりーなの日記

日記的な事を書いて行くと思はれる

全ゲ連に参加してきました

何やら全日本学生ゲーム開発者連合なるものがあるとのことは去年の秋位には把握していたのですが、10月は諸事情により参加できず、今回数多の紛争を乗り越え参加にこぎつけました。
まずAIMSです。東方幻想麻雀とかに使われてるあれです。まさかAIMSのサークルの方のAIMS説明が聞ける機会を得られるとは正に感動です。
次に税金の話。この手の話は間違えると怖いですからびくびくしながら聞いていました。
そしてXtalスクリプト言語Luaしか使った事なかったので気になってはいたのですが、最近良く聞く割と現代的だと噂されているXtalがどんなものかが大体分かりました。結構使えそうな印象を受けます。
で、Common Lisp。言語の壁を感じました。
最後にSVNのすすめです。バージョン管理システムは私はGitを使っているのですが、ブランチやらの概念がイマイチ良くわかっていなかったので参考になりました。
ここからライトニングトーク。
最初は効果音の作り方ですね。MIDIをVSTiで波形変形させてチャージ音を作るという手法があるようです。
で、スクラム開発。こういう開発スタイルもあるんだなぁという感じでした。
そして2010年とかに出た本の紹介。ゲームエンジンアーキテクチャは買おうかどうか悩んでます。といってもまだ読み終わってない本がいっぱいあるのと値段があれなので審議中です。
最後は制作中に意見が割れたらどうすべきかの話。意見が割れて消滅とかありそうですからきちんと考えとかないとやっぱりあれですね。
懇親会では実際にXtalをシューティングで運用しているコードを見せてらいました。コルーチン(最近はファイバーって言うみたいですね)をかなり効果的に使ってました。なんか自分が以前に書いたLuaのコルーチンを使ったコードがアホみたいです。
結構勉強になりました。最近はゲームロジックから離れてプラプラしていたのでかなり刺激になりました。