ゆとりーなの日記

日記的な事を書いて行くと思はれる

普通じゃないプログラミング発表会2010に行ったんだ!

はい。行ってきました。生田に明治大学の校舎があるとか初耳でした。一応明治には知人が数人潜んでいるはずですが、流石に見つかりませんでした。
で、昨日部外者が行っても大丈夫そうな空気を感じたのでまぁ颯爽と会場に入ったわけですが、どう見ても内輪の発表会です。いや、物凄い入って大丈夫なのな空気が漂ってました。私が明治の学生ならもう少し気が楽だったんでしょうけど、完全に他大の人だったんで気まずい感が常時私の中に漂いました。多分今日明治の人以外いなかったと思います。雰囲気的に。無線RANも通っていたみたいですが、明治大学の認証がいるとか、当然そんなものは持っていないので更に来て大丈夫だったのか感が出てしまいました。
まぁでも追い出されそうな空気は全くなかったので堂々と見学に入ったわけですが、若い女性の方の発表が多かったのが意外でした。今迄行った勉強会は全て100%男だったので、一応この分野でも居るとこには棲息していることはしてるんだなぁということが判明しました。
発表としては、マルチメディア系が多かったように思います。シークロープとか、Webカメラでごにょごにょするという系統が結構ありました。言語としてはHSPActionScriptJavaが出てきました。我らがC++は全くお目見えせず少し寂しかったです。Javaに関してはなんか見慣れない開発環境が使われていて、ソース直打ちというよりは図っぽい形でプログラムされてたみたいですね。なんというか、環境名を忘れてしまったので調べることが出来なくなってしまいました。あとはHSPChrome拡張が書けるんだということが分かりました。HSPを使ってる人は久しく見ていなかったんですが、割と高速にデモプログラムを書いてきた人が多かったみたいなので、HSPの簡易GUI製作能力の高さを再認識しました。
普通じゃないプログラミング発表って、行く前は変態的なコードやプログラミング技術の発表会だと思っていたのですが、結構違った雰囲気でした。というかコードの解説とかは殆どなく、製作物の発表が主でした。まぁ確かに変態的なコードやプログラミング技術の発表ってのだと普通のプログラミング発表になってしまうのかもしれませんね。