ゆとりーなの日記

日記的な事を書いて行くと思はれる

win32やDirectX由来の型を外に出すことにたいする抵抗

現在制作中のゲーム製作用ライブラリですが、DirectXベースで開発しているのでどうしてもwin32DirectX由来の型を使用させることを強要してしまうのが現状です。座標とかにはD3DXVECTOR3を使わせたりとある値を指定するときにDWORDを使わせたり・・・。
D3DXVECTOR3とかの方は、自作ベクトルクラスや行列クラスを作ってもいいのですが、デバッグやメンテが面倒なので既にあるものを利用させるのはまぁいいとしても、DWORDとかUINTとかはどうも嫌いなんですよ。やっぱりstd::uint32_t使いたいのです。まあ現状はDWORDやUINT、std::uint32_tのtypedef的には殆ど同じなので(VC++2010調べ)勝手に型変換あるいは同じ型として扱われるので問題ないのですが、そのうちに中身が変わってしまうと面倒なことになってしまうのでやっぱりDWORDとかUINTをそのまま使わせざるを得ないんですね。
まあ今のところWindowsSDKやDirectXSDKやらなんやらが必須とか考えてる、というか公開するかどうかすらまだ未知数なのでこの辺は気にしなくてもいいのかもしれませんが、やっぱり標準に近い型を使いたいものです。
こんなことを考えてしまうのは、昔WindowsSDKやDirectXSDKが無くても使えるライブラリを作ろうとか思っていた頃の名残ですかね。