ゆとりーなの日記

日記的な事を書いて行くと思はれる

状況はここ最近急変しておる

なんかもう急変してきているんですよ。ここ一週間での周りの変動っぷりにいまいちついていけてない自分がいます。
まあそれは置いておいて、GraphicDeviceの扱い審議経過報告でも。

  • 遅延生成でリソース生成を遅らせればGraphicDeviceが要らなくなる案
  • DrawObjectがリソース生成担当すれば良いんじゃないか案
  • GraphicDeviceをstaticなりシングルトンなりにすればインスタンス気にせんでいい案

この3案が浮上したのですが、1個目の案は実装が気持ち悪くなったり、リソースを作りっぱなしになってしまったり、やりたいことが一部出来なくなったりするので却下の方向になりました。思いついた時は時代来たなとか思ったんですがそんなことありませんでした。
2個目の案は、描画メソッドとリソース生成メソッドが有効なスコープが異なるというカオスな展開になってしまうのでこれもまた審議中です。あとなんか描画オブジェクトがリソース生成を担当するのもね〜っていう感じです。
3個目の案は地味に強力なんですが、せっかくApplicationクラス的な感じにしたのにこれだと何が何だか分からん展開になるのでなかなか気が進みません。
そういえば現状ではApplicationクラスのインスタンスを複数生成するとRegisterClassEx関数で同名ウィンドウクラスを登録することになるので落ちます。まあ2個使うとかないわ〜的な感じでこの地雷は残していたんですが、もしかすると取り除いた方がいいんですかね。一応boost::call_onceとかを使えば回避できますが・・・。というかこういう使い方だとなおさらstaticでよくね?っていう誘惑にかられます。
まあこんなところです。