ゆとりーなの日記

日記的な事を書いて行くと思はれる

年が明けていたぞ

気がついたら年が明けていました。日が変わらないうちに何か書いとかなくてはとか思いつつもそんなに書くことないですね。
というわけで今年は新年のさだまさしも見れずに残念な年明けをむかえました。要するに懲りずに非想天則の世紀末化をやっていたわけです。
というわけで新年を犠牲にして得た成果。

オープニングムービー問題ひとまず終結

この問題、ジョイパッドの入力が何とかなればよかったんです。常に無視できるか、取得できるかのどちらかが出来ればよかったんです。どちらかといえば取得出来た方がよかったんですけど、無視する方法が先に見つかってしまいました。
起動時の少女祈祷中時は明らかに描画スレッドとは別のスレッドにてファイルの読み込みをやっています。このときジョイパッドの入力は取られません。というわけで、ファイル読み込みクラスに無限ループを埋め込むことで、オープニング中は少女祈祷中のまま止まってもらうことにしました。Zボタンでムービーを止めると、無限ループを抜ける仕組みで。取り敢えずはこれで行きます。

cv2変換

bmpをcv2に取り敢えず変換するコードが完成したので、これを使って、一部文字列およびゲージ類が世紀末化しました。これに関してはファイル読み込みクラス内で変換することが困難なので、cv2を作って渡す形式に現状ではなります。というのもcv2形式はまだよくわかっていないことが多いんです。ヘッダの部分に謎が多く、正直なんかわからんけど上手くいっている状態です。

HPバー世紀末化

画像を差し替えられるようになったので、元のHPバーを無色透明な画像にして、こちらでHPバーを描画することで、より世紀末なHPバーが完成しました。あの流れるようなHPバーが非想天則で見られるわけです。

七星ゲージ類の消滅タイミング修正

今までは勝負が決着した瞬間に七星ゲージを消していました。このタイミングが一番簡単に取得出来たからです。しかし、HPバーを外部書き込みにしたのでこのタイミングで消すと、勝った方もHPバーがなくなり残念な感じがします。そこで、勝利メッセージ表示直前に勝利メッセージが書かれたファイルが読み込まれる事を利用して、ここにフラグを仕込んでおいて、読み込まれた直後にゲージを消すようにしました。これによりいいタイミングでゲージ類が消えてくれます。