読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりーなの日記

日記的な事を書いて行くと思はれる

ぼく明日を見てきた話

本來であれば去年の綠色テロ*1の時の景氣附けに見る豫定だつたのだが、その日は急󠄁遽大阪に行くことになり鑑賞が延󠄂期となつてゐたぼく明日こと「ぼくは明日、昨日の君とデートする」を昨日見てきた。この映畫が槍玉に上がつた切掛は以前󠄁に「高慢と偏見とゾンビ」を見た時の宣傳で妙に引掛かりを覺𛀁たことにある。單純な異性愛者󠄁同士の純愛話ではなくSF要󠄁素を絡めてどうも最後は結ばれないらしいと云ふプロットを讀取り、絕對的なものは得られないと云ふ話が好物な自分󠄁にとつてはなかなかに興味を惹かれる番宣であつた。Twitter等で話題にしてゐる層󠄁を眺めてみたがどうもうちの國とは距󠄁離が遠󠄁い人達󠄁の間での評󠄁判󠄁が良いやうで、實際國民服󠄁を着たをつさんが1人で見に行くやうなものではなささうだと薄󠄁々感じてはゐたが、なにはともあれ豫定してゐたことであるのできちんとフラグは回收した。
こゝからネタばれを含むので一應警報を出しておくが、この話は亂暴に纏めると「主人公󠄁とヒロインの時間の進󠄁む方向が逆󠄁なんでどうにもなりませんね」と云ふお話である。謎解き要󠄁素はほゞなくタイトルで半󠄁ばバラしてゐるやうなものだし、輕く眺めてゐるだけでもわりとすぐその事實は察することができる。と云ふか中盤くらゐでヒロインがそれを打ち明けるので、この現象を認󠄁識した上で主人公󠄁はどう動くかと云ふ方がメインなのであらう。肝腎なこのSF要󠄁素であるが、時間が完全󠄁に逆󠄁なのであればヒロインは夜から朝󠄁に進󠄁むのでは?と突󠄁つ込󠄁みを入れたくもなるが、これは1日の進󠄁み方(時、分󠄁、秒)は同じなのだが日附の越𛀁方が異なると云ふ異世界なのだと解釋すれば比較󠄁的すんなり納󠄁得できる。要󠄁するに主人公󠄁サイドは0時になると普通󠄁に日附をインクリメントするが、ヒロインはデクリメントすると云ふことである。ゲームのバグみたいな話だが、それぞれで繫がる先が違󠄂ふと云ふわけだ。そこにヒロイン側は主人公󠄁側の世界に30日間しかゐられないと云ふ制約が加はることで二人の關係に有限性が生まれることになる。
そんな訣で主人公󠄁目線で見ればヒロインとの出會つた初日がヒロインにとつての最終日、主人公󠄁にとつての30日目(お別れの日)は實はヒロインにとつての初日と云ふことになるのである。主人公󠄁はこの事實を知つてヒロインのデートでの行動は總て主人公󠄁の爲の云はば接待のやうなものであると云ふことに耐へられず(ヒロイン側の初日に主人公󠄁からヒロインは今迄何があつたのかを聞いて、その通󠄁りにヒロインは行動するのである)、思ひ出の共有がない交󠄁際など無意󠄁味であると云ふ我々持てざる者󠄁みたいなことを言出し(實際この事案が起󠄁きるまでは間違󠄂ひなく我々側の人間である)暴走するのだが、最終󠄁的にヒロインの方がよりつらくないかと云ふことに氣附き殘りの時間をイケメンの如く大切に過󠄁すと云ふ良い話で終󠄁る。
さて、この話はどう見ても非對稱󠄁である。ヒロインは接待をしてくれてゐるので主人公󠄁側は一應は交󠄁際が進󠄁んで行くルートを味はふことができる。しかしヒロインはさうではなく、主人公󠄁が段々と他人になつて行くルートを進󠄁まなければならない。これはヒロイン側がこの世界から見たら部外者󠄁であると云ふことから納󠄁得させることも可能ではあるが、それにしても主人公󠄁側の方が大分󠄁美味しい話である。映畫では一應主人公󠄁サイドが終󠄁つたあとにヒロインサイドで走馬燈のやうに今迄を振返󠄁るシーンがあるのだが、結局そのシーンを見てヒロインの心に共感してみても、こちらの爲にそこまでしてくれたんだ、壓倒的感謝、と云ふ主人公󠄁側の心に回收できてしまふ。結局この30日間のできごとで有限性を自覺した上でそれを生への實感として正統に昇華できるのは主人公󠄁側なだけなやうに思へるのだが、どうも一般には女性ウケが良い話だと云ふのだから人間の嗜好は分󠄁らないものである。
結論としては、自分󠄁も主人公󠄁側のやうな體驗をして生を實感したいと思つた、と云ふ雜な感想を抱󠄁いたところで今日の日記の締めとさせて頂く。

*1:12月󠄁24日の夜に綠一色の服󠄁を着込󠄁みデートスポットに乘込󠄁んでカップルを眺め乍ら3分󠄁間憎󠄀惡をすると云ふ非モテをこじらせ盡くしたゆとり國の風習󠄁

1日50錢皇國臣民レンタルサービス

レンタル皇國臣民サービスを始めることにしました。
國民服󠄁のをつさんが御入用の時は御活用下さいませ。

f:id:nagoya313:20160319161555j:plain

選󠄁べる國民服󠄁

  • 甲號か乙號
  • 國民帽󠄁か戰鬪帽󠄁か中折帽󠄁か
  • 中衣かワイシャツネクタイか

などが選󠄁べます。(季節に依つて選󠄁べるオプションは變ります)

御利用の一例

  • 見た目がぱつと見戰時中の人の人手が足りない
  • 舊假名遣󠄁ひで文󠄁章書いてみたけど誰かにチェックして欲しい
  • 結婚式に軍靴󠄁の足音󠄁をさせたい

などなど

料金體系

1日50錢
(大日本貨󠄁幣󠄁のみ、お釣りは出ます)
本邦󠄂領事館󠄁のある名古屋近󠄁郊から離れる場合は交󠄁通󠄁費を出して頂けると有難󠄀いです。

御依賴方法

以下のフォームにて

  • やつて欲しい內容
  • 希望󠄂日時
  • 希望󠄂する國民服󠄁の種類󠄀

を御書き下さるやう御願致します。
本國から許可が出次󠄁第返󠄁信させて頂きます。

御依賴の程󠄁御待ちしてをります。

C91國民服󠄁本の宣傳

f:id:nagoya313:20161209223012j:plain
全󠄁文󠄁正字正かな、總ルビ字音󠄁假名遣󠄁ひの本の原稿がなんとか間に合つたので、このまま何も無ければC91の3日目、東W10bにて「平󠄁成󠄁國民服󠄁」を頒󠄁布できさうである。
當初コピー本の豫定であつたが結局フルカラー印刷で印刷所󠄁に出すことになつた爲(上の畫像はコピー本での試し刷)、値段が內地價格45錢、外地價格600圓へと値上げとなつた。猶󠄂、內地價格は大日本時代の貨󠄁幣󠄁で拂ふ場合の値段のことであり、例ば日本國の現行アルミ1圓硬󠄁貨󠄁を出して55錢のお釣りがくる訣ではない。當然乍ら戰後の日本政府が發行した貨󠄁幣󠄁を使󠄁ふ場合は外地價格が適󠄁用される。逆󠄁に云へば大日本の1圓金貨󠄁乃至銀貨󠄁で拂つた場合は55錢のお釣りとなるのでそちらは寧󠄀ろ歡迎󠄁である。
少册の主眼がどこにあるかと云へば、やはり正字正かな本と云ふことである。手持ちのパソコンで追󠄁加ソフトの購入なしに全󠄁文󠄁正字正かな、總ルビ字音󠄁假名遣󠄁ひの本が偶々造󠄁れる狀況にあつたので、折角だからやつてみようと云ふことで始つた企畫である。正かなに關しては戰前󠄁再現よりも現行の最新硏究重視󠄁の爲、許容假名遣󠄁ひの類󠄀は一切使󠄁つてゐない。正字に就いてはデザインの差等でAJ1-6の範圍󠄁で戰前󠄁の本によくある字形に似せられるものがあればそれを優先的に採󠄁用した。字音󠄁假名遣󠄁ひに就いては未だ搖れが多いので、戰前󠄁からの假名遣󠄁ひを優先した。猶󠄂、最後に關しては慣れてゐない爲かなり不備があるかもしれない。(今更󠄁だが、帽󠄁子や推奬のルビをどうするかも迷󠄁つてゐる。現行の原稿だと前者󠄁が戰前󠄁寄りで「ばうし」、後者󠄁が現行硏究寄りで「すいしやう」になつてゐたのに氣附いたがこれはどうしたものか。これらに關してはほぼ「ぼうし」「すいしやう」で確定な氣もするので今更󠄁戰前󠄁寄りで書くのもどうかと思はないこともない。元はと云へばこれは「ぐゑん」やら「こむ」のやうな假名遣󠄁ひを採󠄁用するかしないかとした時にひとまづ採󠄁用しない爲に決めた側面が强い。)
本の雰󠄁圍󠄁氣もできるだけ戰前󠄁らしさを出した心算である。文󠄁體やらをいきなりらしくするのは難󠄀しいが、取敢ず氣輕に眞󠄀似できるところは眞󠄀似してみた。總ルビと云ふのもそれで、あの時代の本は總べての漢󠄁字にルビが振られてゐるものも多い。
f:id:nagoya313:20161213002825p:plainf:id:nagoya313:20161213002914p:plain
f:id:nagoya313:20161213004000p:plainf:id:nagoya313:20161213004051p:plain
f:id:nagoya313:20161213005418p:plain
基本的には1文󠄁字に對して上詰めでルビを振つてゐるが、熟語の場合は詰めて綺麗に收める場合や、下の平󠄁假名に半󠄁分󠄁かぶる場合もある。流石に詰め込󠄁むのに無理がある時は字の間隔󠄁を開けても1文󠄁字に當ててゐる。總ルビ本に於ても漢󠄁數字はルビがないことが多く、この邊りは手許にあつた昭和10年代の本を參照してゐる。
あとは檢印紙も今回は造󠄁つてみたのでこれに印鑑を押して會場でペタペタ貼る作業が殘つてゐる。
f:id:nagoya313:20161213004219p:plain
さて、表記の時代にも合ふと云ふことで內容は國民服󠄁である。氣附いたら結構󠄁な數の國民服󠄁が集つてゐたので、バリエーション等も含めて紹介してみることにした。畫像は總べて撮り下ろしなのでどこかから借りてきた畫像は今回はない。當初はパブリックドメインとなつてゐるやうなので、勅令の圖も載せる豫定だつたが、誌面の都󠄀合上見送󠄁つた。
f:id:nagoya313:20161213005637p:plainf:id:nagoya313:20161213005550p:plain
實物や一次󠄁資󠄁料を參照しての紹介もそれなりに書いてはゐるが、基本はゆとり國から本を出したと云ふネタでの設定であり、正字正かなで本を出したかつたと云ふのが一番の動機󠄁で作られた本なので、ターゲットがどこなのかが非常に分󠄁りづらい本となつてゐる。こんな本ではあるが、もしお手に取つて頂けたら幸ひである。

平󠄁成󠄁國民服󠄁C91コミケ上陸決定

きたる12/31、C91の3日目に東W10bではなごよみさんが當選󠄁したとの事なので、國民服󠄁本の上陸が(原稿落とさなければ)決定した。全󠄁文󠄁舊字舊假名なのは普段書いてゐるからなんともないのだが、ルビ振りが中々にしんどい。字音󠄁假名遣󠄁ひに慣れてゐないのもあるが、Wordでルビを振るのが中々に面倒である。
取敢ず作りかけの組版がこんな感じなのだが、1文󠄁字づつルビを打たないと上手く行かないのが實に厄介である。
f:id:nagoya313:20161105212757p:plain
例ば「氣魄」なんかは「氣」に「き」を左揃へで振り、「魄」に「はく」を中央揃へで振ると云ふ謎の手間のかかりやうである。「氣魄」に纏めてかけると大分󠄁雰󠄁圍󠄁氣が變はつてしまふ。
f:id:nagoya313:20161105213155p:plain
あとは漢󠄁字1文󠄁字に對して3文󠄁以上のルビが必要󠄁なものに關しても面倒で、次󠄁の字まで纏めてから左揃へにすると云ふ不思議な事をしないといけない。かうしないと文󠄁字の間が擴がつてしまひ、やはり雰󠄁圍󠄁氣が異つて來る。參照してゐる昭和十年代の本がかう云ふ振り方をしてゐたのだから仕方がない。
加へて異體字セレクタを使󠄁ふとルビ入力時にお豆腐化󠄁するのも上手く處理しないといけないので一番のボトルネックがルビ打ちである事は間違󠄂ひない。
あとは資󠄁料の寫眞󠄀。普段寫眞󠄀取る習󠄁慣がないので兔に角上手く取れないし、畫像配置のセンスもないのがつらい。表紙も考へてないし、前󠄁途󠄁多難󠄀感が若干ある。

國民服󠄁の同人誌

冬󠄀コミの當落通󠄁知が愈々近󠄁附いて來たとの事なので、當選󠄁すれば出す豫定の國民服󠄁本の仕樣をどうするかを考へてゐたら色々と惱ましい事態になつた。
正字正かなでIVSを驅使󠄁した所󠄁謂康熙字典體使󠄁用、總て昭和18年頃の辭書を參照して字音󠄁假名遣󠄁ひでルビを振る、但し當時主流の許容假名遣󠄁ひは用ゐないと云ふ方針だけは決まつてゐた。內容は國民服󠄁令と實物の紹介と今日に於いて著󠄁裝する場合の話の2つを中心に書かうと思つてゐたが、このロクでもない奧附を作つた邊りから迷󠄁走が始まつた。
f:id:nagoya313:20161027230547p:plain
この奧附は昭和14年に出た大川周󠄀明の「日本二千六百年史󠄁」のものを元にしてゐる(因みに振假名の振る位置等もこの本を參考にしてゐる)。此處を見ると外地の定價と內地の定價が分󠄁れてゐる事に氣附いた。ゆとり國は設定上は日本國と袂を分󠄁かつてゐる事になつてゐるので、これを上手く使󠄁へないかと云ふ事でコミケ頒󠄁布價格として日本等の外地價格を設定したのである。
處がこの設定を採󠄁用すると色々と問題が起󠄁きてくる。ゆとり國では大多數の臣民が國民服󠄁を着てゐる設定になつてゐるので、若し「ゆとり國向けに出てゐる本がコミケに合せて外地日本でも賣られる事になつた」と云ふ設定を採󠄁用すると內容を大分󠄁變へないといけないのである。
例ばよく聞かれる「國民服󠄁は何處で買へるのか」と云ふ情󠄁報を載せるとすると、ゆとり國ではその邊の紳士服󠄁賣場にある事になつてゐるので此處からしてまづ變はつてくる。日本では當然賣つてはゐないのでコミケで賣るなら日本向けの情󠄁報を書いた方が良いのだが、さうすると何故ゆとり國の本なのにターゲットが日本向けになつてゐるのかと云ふ疑問が出てくる。此處丈󠄁であればコミケ用に日本向け增補を足した體にすれば凌げるかもしれないが、他にもネクタイやらシャツ類󠄀の設定もゆとり國と日本國では違󠄂ふ事になつてゐるのでキリがない。
要󠄁するに、ゆとり國の本として出すと情󠄁報乃至評󠄁論の本から架空󠄁の國の創作本に變はつてしまふと云ふ話である。ネタとしては後者󠄁で行きたい處なのだが一應きちんとした情󠄁報本としても纏めておきたい氣もあるので中々配分󠄁が難󠄀しい。